Menu

無添加基礎化粧品の注意点

顔に触れる人

化粧品の消費期限

最近では食べ物だけでなく、化粧品にも無添加のものが増えてきました。特にスキンケア化粧品やシャンプーなど、無添加にこだわっている方も多いのではないでしょうか。確かに、スキンケア化粧品などは直接素肌につけて浸透させていくものです。できるだけ安全で安心な商品を使いたいと思いますよね。しかし、そんな安全安心のイメージが強い無添加のスキンケア化粧品にも、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは、スキンケア化粧品の消費期限です。化粧品の消費期限なんて気にしたことがないという方がほとんどだと思いますが、化粧品にもきちんと消費期限が存在します。食べ物には「食品衛生法」という法律があるように、化粧品にも「薬機法」と呼ばれる法律が存在します。薬機法では、「未開封で3年間安全ならば、消費期限の記載の義務はない」とされています。つまり、化粧品に具体的な消費期限の記載がない場合、3年は持つと考えていいわけです。しかしこれは未開封に限るもので、開封後は空気に触れて酸化し、雑菌が繁殖しやすくなり、腐ってしまう可能性があるのです。そんなスキンケア化粧品を使用すると、肌荒れを引き起こす原因になります。特に無添加のスキンケア化粧品は注意が必要です。無添加のスキンケア化粧品には防腐剤や酸化防止剤が入っていないケースが多く、普通のスキンケア化粧品より劣化しやすいのです。無添加のスキンケア化粧品を使う場合は、なるべく早めに使い切ることを心がけましょう。また、直射日光の当たらない場所に置くなどして、清潔に使うことも大切です。

Copyright© 2018 美肌を作るために大切なスキンケア~肌の刺激を軽減~ All Rights Reserved.